カード破産は人事ではないかもしれない

アメリカ経済は、借金を厭わずに消費して成長してきたという動画を見ました。

ちょっとこの人は極端だと思いますが、限度額いっぱいまで使ってしまったから別のカードをつくるってし続けられるシステムもおかしいですね。日本では断れるのではないでしょうか。

とはいえ、日本においてもカード破産は人事ではないかもしれません。

自分でしっかり管理してカードを使っている人がほとんどだと思いますが、そうでない人も世の中にはいます。毎月の返済額がどれくらいなものか考えずにカードを使いつづけて、返済に困ってしまう人、1回では支払えないから分割やリボ払いにして何年も返済が終わらない人…。

特に、分割やリボ払いというのは借金をしているようなものです。月々の返済は楽かもしれませんが高い金利に払い終わらない残高、そしてその間もカードを使って買い物をしてさらに増える支払額…。気がついたら大変な金額になっていたなんていうケースもあるんです。

怖いですよね。

他にも、カードを複数枚持っていて使っていると、使った金額の合計がわかりにくくなるのでつい使いすぎてしまうということもあります。いざそれぞれの請求がきて合計してみたら予想以上に多かったなんてことがあったりします。

その時どうにかこうにか払えたとしても、手元にお金がなくなってしまえばまたカードを使いますよね。使って支払ってのサイクルが途切れることがなくなってしまいます。支払えなくなって延滞してしまったりすれば信用度が落ちてしまうので、本当にどうしてもお金を借りなければいけない!なんて時や住宅ローンの契約などに不利になってしまうことだってあるかもしれません。

 

カードは便利です。使ってはいけないとはいいません。むしろ、上手に使えばポイントがたまったりするものもありますし、お得に生活できることもあります。

要は、使い方をしっかり学んで守っていくことこそが、カードを使うにあたって大事なのです。

 

カテゴリー: きれいなこと パーマリンク