主人と主人弟の体格差

私の主人は体脂肪率一桁でかなりの細身な筋肉質です。
それなのにご飯を本当におもしろいくらいよく食べるので、太りにくいものなのかとダイエットには無縁な存在には違いありません。
しかし一方、私からすれば義弟に当たる主人の弟は同じくらいの長身に身体はかなり大きく主人との体重差は20kg以上あるそうなのです。
確かにぱっと見たかんじどちらが兄でどちらが弟かも分からない程に横幅の体格差があるものです。しかし太ってしまったのはここ最近のことではなく子供の頃から身体が大きいそうなのです。なんでかといえば、男兄弟で育ったので子供の頃に親が4歳離れた兄である主人と同じレベルの量で両親がご飯を与えたからという風に聞きました。
その結果主人の弟は丸々太ったまま大人になってしまったそうです。
確かに子供の頃に身体が大きい肥満体型の人と言うと、大人になってもそのまんま変わらないという人が多いそうですね。そうなってしまうと脂肪の大きさが大きくなってしまうそうでかなり痩せにくいものだそうです。
もしも自分に子供が出来た時には無理に食事を与えすぎないように気をつけなくてはなんて思えました。男の子ならばまだいいかも知れませんが、女の子だったら本当に目も当てられないものですよね。美容などに気を使う10代中盤の年頃になって自分が太いから……と、なってしまえば何だか可哀想だななんて思えてしまうものです。
ぽっちゃり女子は最近流行っているものですが、結局は男性の好みは細身な女性の方が好きだという人の方が多いものですよね。
やはり子供の頃に体質の大半が決まってしまうなんて言われているものなので、充分注意が必要なのでは? なんて思えます。

カテゴリー: 体で悩んでいること パーマリンク